最新記事10件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事気に入っていただけましたらぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

これから始めるPvPフィースト 入門編

blog_890_1.jpg

本日3/10に実装される新しいPvPコンテンツ「ザ・フィースト」
待望の8人戦や、今後実装されるランクマッチによる特別報酬などの新しい要素を盛り込んだ、対人戦コンテンツです。

ザ・フィーストのルールは初心者でも遊びやすく、カジュアルな作りになっているので
「PvPを今までやったことない」「興味はあったけど手がつけられなかった」という人は、これを機会にぜひ遊んでみていただきたいのです!

フィーストを始めたいけどどうすればいいかわからない・・・
そんなPvP初心者に向けた記事になります!





フィーストとは


「ザ・フィースト」とは、3/10に実装される新しい少人数PvPコンテンツです。
ザ・フィーストは、お互いに所持しているメダルを奪い合い、所持しているメダルの数によって勝敗を決める新たな対人戦バトルコンテンツです。
また、自身の実力を表すレーティングや階級、ランキングが用意され、一定期間のシーズン中に冒険者間で競い合い上位入賞を目指します。シーズンを通して上位に入賞したプレイヤーには、シーズン報酬が贈呈されます。
既存のPvP「ザ・フォールド」(旧名ウルヴズジェイル)のデスマッチのようにシビアすぎるものでもなく、
個人の戦いよりも集団戦での連携が試される「フロントライン」のようなものでもなく、

純粋な殴り合いを楽しみつつ、一方的になりづらい逆転要素もあるPvPルールになっています。

ルール


とにもかくにも、ルールを熟知しておきましょう!
PvPザ・フィースト公式

ルールについては、後日別記事でまとめます。
それまでは、公式リンクを張っておきますね。

参加条件


◆コンテンツ開放
各グランドカンパニーに所属した上で、以下の2つのクエストをクリアすることでコンテンツが開放されます
●激闘のウルヴズジェイル
(黒渦団) ル・アシャ大甲士 リムサ・ロミンサ:上甲板層(X:13 Y:12)
(双蛇党) ボルセル大牙佐 グリダニア:新市街(X:9 Y:11)
(不滅隊) スウィフト大闘佐 ウルダハ:ナル回廊(X:8 Y:8)

●狼の饗宴ザ・フィースト
アリス モードゥナ (X:21.7 Y:8.6)
グランドカンパニークエスト「激闘のウルヴズジェイル(黒渦団)」「激闘のウルヴズジェイル(双蛇党)」「激闘のウルヴズジェイル(不滅隊)」のいずれかをコンプリートしている

◆参加条件
ファイター/ソーサラー レベル60
平均アイテムレベル150~
アイテムレベルシンク150

レギュレーション


○ザ・フィースト (8対8 / マッチングパーティ専用)
ロール制限 TANK:2 Melee DPS:2 Ranged DPS:2 HEALER:2
参加登録人数 1~2人
レーティング変動 なし


○ザ・フィースト (4対4 / ソロ専用)
ロール制限 TANK:1 Melee DPS:1 Ranged DPS:1 HEALER:1
参加登録人数 1人
ソロ用レーティングが変動


○ザ・フィースト (4対4 / 固定ライトパーティ専用)
ロール制限 TANK:1 Melee DPS:1 Ranged DPS:1 HEALER:1
参加登録人数 4人パーティ
パーティ用レーティングが変動


- 各ロールの内訳
TANK : 剣術士/斧術士/ナイト/戦士/暗黒騎士
Melee DPS : 格闘士/槍術士/双剣士/モンク/竜騎士/忍者
Ranged DPS : 弓術士/呪術士/巴術士/吟遊詩人/機工士/黒魔道士/召喚士
HEALER : 幻術士/白魔道士/学者/占星術師


※対戦途中のメンバー補充はできません。
※第27回FFXIVプロデューサーレターLIVEでは5部門とご紹介しましたが、マッチングを集中させる意図から3部門でのスタートとし、非レーティングのマッチングは、状況を見てオープンの判断をいたします。


どれに参加するべき?


初心者や、カジュアルに遊びたい・・・と考えている人ならば、8対8一択です!
8対8はレーティング非対応のカジュアルマッチと称されています。

8対8では、人数が多くなることで一人一人の責任が軽くなりますし、逆転も多くなります。
フロントライン24人戦のように、かなりわちゃわちゃ、気軽なPvPを楽しむことができますよ!

また、各ロールが2人ずつ存在するので、自分のロールの動きを味方から学ぶことも出来ます。
とくにPvPでは敷居が高めであるヒーラーであれば、8対8をしばらく戦ってみるのをオススメします。

8対8でPvPの動きに慣れてきたり、ランクマッチによる報酬を狙ってみたいと感じたときに4対4に参加するといいでしょう。

装備


参加条件の平均アイテムレベルは150以上ですが、アイテムレベルシンクが150のため
全身アイテムレベル150以上であれば基本的にPvE装備で大丈夫です。

もちろん上を目指すなら、PvPに最適なサブステータスを揃えることで火力アップなども狙うことができます。
どういう装備がPvPに良いんだろう?と迷ったら、PvP戦績で交換できる180or205のPvP装備を交換すると間違いないかもしれませんね。
PvP装備のランク制限は全て撤廃されたので、PvPでだけ貰える装備もモチベーションに繋がりますよ!

PvPに最適な装備についてはまた別記事で書くかもしれません。

PvPアクションをセット


フィースト中は、PvPでのみ使えるPvPアクションという特別なアクションを使うことができます。
いずれも戦局を分けるほどの強力なアクションなので、既存のホットバーと相談しつつもしっかりとセットしておきましょう!


blog_890_2.jpg

PvPアクションは、アクションリストのPvPタブからセットできます。


blog_890_3.jpg

PvPプロフィールから、ランクポイントを使って各PvPアクションの性能を上げることができるようになっているので、ランクがあがったら確認してみましょう。

楽しもう


PvPは難しく、敷居が高いと思われがちで、きっとそれは間違っていません。
戦いは”勝つか負けるか”だけなので、頑張ってもなかなか勝てないこともあるかもしれません。
連敗もあると思います。

その上で、PvPは遊べば遊ぶほど面白くなっていくコンテンツです。

相手が人間であるため、同じパターンが二度とありえない戦い。
その中でたくさんの試行錯誤を繰り返し、それがうまく決まって勝てたときの面白さはPvEよりあります。
同じ戦いがないからこそ飽きにくく、たとえ負けたとしてもその経験は必ず活きる時がきます。


PvPを楽しむために一番大事なのは、「折れない心」なのかもしれません。
負け続けたことも糧にして、次へ繋げていくことができれば、きっとどんどん楽しくなりますよ!


と、まあ重い感じに書きましたが、
長いことみんなで遊んで行きたいな、という私の希望です(´'▽'`)ノ

最初のうちはあまり深く考えずに、「なんとなく楽しい」と思うことが大事です。
私も出来るかぎり、皆様の支援ができればなと考えているので一緒に楽しんでいきましょう!


PvPアクションを使う


せっかくセットしたPvPアクションも使わなければ意味がありません。
しかし効果が複雑なものが多く、いつ使えばいいかわからない・・・というのがあると思います。
PvEと同じく、効果をしっかり見てウルヴズジェイルで使用感を確かめたり、実践でとにかく使ってみることが上達への近道。

一例として、ロールごとの重要なアクションをいくつか説明してみます。

◆TANK
・フルスイング
被ダメージを増加させるデバフを付与する、強力な攻撃スキル。
DPS達がターゲットを合わせてるときに使うことで活きる技なので、マクロを使って使用をパーティメンバーに知らせると有効です。

◆Melee DPS
・フェターウォード
睡眠・バインド・スタンなどのクラウンドコントロール(CC)を一定時間無効化できるスキル。
自分が狙われているときの逃げの一手に、相手にトドメをさすための追い込みに、様々な用途が考えられるバフ。
CCが強いFF14で、これの使いどころひとつでキルがとれるかどうかが大きく変わってきます。

・ウェポンスロー
全ジョブが使えるスプリントを確定で消しヘヴィを付与することができる強力な遠隔攻撃。
遠距離を打ちながら逃げる相手を追い込むときに大活躍。
フェターウォードと合わせて確実にキルを取りにいくにも使われます。
必ず、相手がスプリントを使ってから使うようにすると効果を有効に使えます。

◆Ranged DPS
・エーテルバースト
黒召、またヒーラーが使える範囲攻撃。
攻撃スキルですが、当たった相手のスキルスピードを大きく下げる効果があるので、
自分が狙われたときの防御にも使える地味だけど強いスキルです。

・ファーショット
・狙撃
詩機の単純に強い攻撃。
各DPSにはこういったDPSを底上げするスキルが存在しているので、ラッシュをかけるときにうまく使いましょう。

◆HEALER
・調和
10秒間回避大幅アップ・ダメージ90%カットのバフ。ただし動けなくなるので使いどころがとても難しいです。
単純に、10秒間生きれるインビンみたいなバフだと思えばいいかもしれません。
ヒーラーは狙われることが多いので、いかにフィールドに留まっていられるかが大事になってきます。
相手がフルバフでラッシュをかけてきたときに使うことで、ラッシュのバフを耐えることができたり、その間に味方のヘルプを待ったりできる重要スキル。

◆共通
・浄化
自身にかかっている全てのデバフを解除する、全ジョブが使える最強スキル。
これの使い方で生死を分けることもよくあります。

大量のDoTやフルスイングのような強力なデバフ、睡眠やバインドといったCCなども全て解除できるので、
「これを解除しなきゃ死んでしまう!」とか、「これを解除して追い込めば倒せる!」とか、とにかく使い方が多いです。

また、味方にも使うことができるので、味方を助けたり、睡眠しているヒーラーを起こしたりすることもできます。

アドレナリンラッシュ!


フィーストでは、個人個人でリミットブレイクを使うことができる、アドレナリンラッシュ(AR)が存在します。
アドレナリンラッシュとは、プレイヤーが個人ごとに使うことができるリミットブレイクです。 戦闘中の様々な要因によりアドレナリンゲージが溜まります。アドレナリンゲージが最大まで溜まっている状態で、ジェネラルアクション「リミットブレイク」を押下することで、実行することができます。
※パーティごとのリミットブレイクは、個人ごとのアドレナリンラッシュに置き換わります。このため、リミットブレイクゲージはアドレナリンゲージに切り替わります。発動のためのアクションアイコンは、「リミットブレイク」と同じものを使います。
◆TANK イージスブーン
一定時間、パーティメンバーの被ダメージを50%軽減させる

相手のラッシュに合わせることで、かなり大きな防御効果になります。
ARの中では唯一、硬直がほぼありません。

◆Melee ロウディストラクション
対象に物理攻撃

HPを盛っていないRangedやHEALERであれば、HPの8~9割を一気に削ることができるAR。
フィーストではおそらく一番重要で、強い。
ただし、範囲が短いのでスタンなどに続けて発動しないと走って逃げられてしまいます。

◆遠隔物理DPS ターミナルベロシティ
前方直線範囲の物理攻撃

直線範囲で当てることが難しいAR。
対象を選択してフェイスターゲットを連打することで、命中精度をあげることができます。

◆遠隔魔法DPS コメテオ
指定した地面の周囲に無属性の魔法攻撃

グラウンドターゲットで選択して発動するAR。
単体相手では硬直に対して効果が薄いですが、複数の敵にあてたり、8人であれば同時に発動させることで大量キルを狙えます。
走って回避できるので、バインドやスリプルなどのCCと合わせて使いましょう。

◆HEALER エンピリアンレイン
自身と周囲のパーティメンバーのHPを最大HPの50%回復し、さらにすべての状態異常効果を解除する

全デバフを解除するというだけでかなり強力なAR。
ただし硬直が長めなので、自分が狙われているときの使用タイミングには注意。



アドレナリンラッシュは個人のもの。貯まったまま使わないのではもったいないです。
戦況に応じて、ガンガン使っていきましょう!

ルールの中でセオリーを考え流れを掴む


ザ・フィーストでの勝利条件はメダルの枚数です。
とにかく最後にメダルを多く持ってたチームが勝利です。
しかし、DPSである自分がむしゃらに敵を倒してメダルを拾っていけばいいというわけではありません。
なぜならば、メダルを拾いすぎると自身に”ヘヴィメダル”という被ダメージアップのデバフがついてしまうからです。

大量のメダルを持ったヘヴィメダル付きの自分が、制限時間ギリギリで倒されて逆転負け・・・なんてこともフィーストではありえること。
そのため、ドロップしたメダルを拾うメンバーもよく考えなければいけません。
考え得るセオリーとしては、「防御能力が最も高いタンクが回収する」ことでしょうか。
タンクであれば、防御スタンスによって20%までのヘヴィメダルは帳消しにすることができますし、高いHPとさらに防御アクションがあります。

かといって、1タンクに集めすぎたあとに”デンジャータイム”突入からの近接の”アドレナリンラッシュ”でメダルを回収されてしまう・・・なんてこともあり得ます。

このように、基本的なセオリーとなる行動を常に考えつつも、
自パーティと相手パーティのメンバー、そのときそのときの戦況を考えて「戦いの流れ」を掴んでいくことが勝利への近道になるでしょう。

フィールドギミックを使う


前述した”ヘヴィメダル”や”デンジャータイム”といったルール、そしてもうひとつフィーストにはフィールドに設置された”サプライボックス/キット”というギミックが存在します。
これらの権利を相手より先に入手すること、獲得する人を考えるのも大事なこと。

・与ダメージ上昇のオフェンスキットは DPSに
・被ダメージ減少のディフェンスキットは メダル所持者やHEALERに
・HP回復のメディカルキットは 自己回復のないTANKやDPSに
・アドレナリンゲージが上昇するアドレナリンキットは アドレナリンラッシュが強いMeleeDPSに


これは一例ではありますが、こういった考えを常に巡らせることで戦いの流れを掴んでいきます。


そしてもうひとつ、大事なフィールドギミックとして”遮蔽物”があります
遮蔽物とは、フィールドに設置された壁や柱のこと。
魔法などの遠隔攻撃には視線という概念があり、壁を突き抜けて相手に当てることは出来ません。

普段PvEコンテンツではあまり意識することはない概念なのですが、PvPでは重要な要素のひとつになっています。
遠距離から攻撃してくる相手がいたら、壁の後ろに隠れることで、遠隔攻撃が当たらない状況を作ることが出来ます。
いわゆる「視線切り」です。
うまく視線切りし続けることで、相手の遠隔DPSを無効化することもできますし、逆に自分が遠隔DPSならば視線切りされない位置取りを心がければ優位に戦えます。

視線切りで気を付けなくてはいけないのは、ヒーラーの回復も視線切りされてしまうことです。
自分が大量の敵に狙われているとき、壁の裏に隠れてしまったら味方ヒーラーからの回復が届かないなんてこともPvPではよくあることです。

このようなヒーラーや遠隔DPSの位置というフィールド要素も、フィーストでは大事になってきます。

モラルのある行動を


PvPはPvEよりも難しく、ひとつのミスが敗因につながったり、味方の力量>相手の力量にならなければ勝てなかったりするので、戦いの中で厳しい言葉や心無い言葉を投げかけられるイメージがあるかもしれません。

でも実はそれって、PvEでも変わらないんですよね。
結局のところ、人間同士が起こす問題で、PvPが特別そういうことが多いとは私は思いません。


PvPですので、味方も相手も人間です。
ですから、楽しむために一番大事なことはプレイヤーのモラルだと思ってます。

しっかりと挨拶や意思の疎通をして、みんなが気持ちよく楽しく遊べるような環境づくりが必要で、
そのためには一人一人の心がけが大切です。

難しいコンテンツだからこそ、プレイヤーみんながお互いに理解してあげる心と、高めあう気持ちを持てば、きっと長く楽しんでいけるコンテンツになるんじゃないかな、と考えています(´'▽'`*)



関連記事
記事気に入っていただけましたらぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
カニララツイート
公式&アンテナリンク
ブログリンク
ブログリンクRSS
RSSリンクの表示
カウンター
宣伝スペース
記事気に入っていただけたら
ぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v

ファイナルファンタジー14・攻略ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。