最新記事10件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事気に入っていただけましたらぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

クラフターの新アクション ビエルゴの技巧と集中加工について

blog_729_1.jpg

3.0のクラフターは、汎用アクションとして新たに2つのアクションを取得します。
ひとつが集中加工、もうひとつがビエルゴの技巧です。

使いどころが難しい一癖あるアクションになっているので、
個人的な使い方なんかをだらっとφ(´'-'`)



効果


blog_729_2.jpg
状態が高品質以上の時にのみ使用可能。
耐久を消費して、品質を上げる。
「インナークワイエット」でステータス上昇した回数につき効率が10上昇する。
使用後にインナークワイエットの効果は終了する。
効率:150(150~)
成功率:70%
CP18
取得 全クラフターLV51

木工師LV50のアクション◆ビエルゴの祝福に効果がとてもよく似た新しいアクションとなってます。
何も考えずに使うと今までビエルゴの祝福をしていたときより効率が落ちてしまうので、よく考えて使わなくてはいけません。

ビエルゴの祝福と使い分ける


blog_729_3.jpg
耐久を消費して、品質を上げる。
「インナークワイエット」でステータス上昇した回数につき効率が20上昇する。
使用後にインナークワイエットの効果は終了する。
効率:100(100~)
成功率:90%
CP24
取得 木工師LV50


◆ビエルゴの祝福 と ◆ビエルゴの技巧 の違い

ビエルゴの祝福 ビエルゴの技巧
初期効率(インナー1) 100 150
最大効率(インナー11) 300 250
成功率 90% 70%
CP 24 18
その他 高品質以上


どちらもインナークワイエットのスタックによってその効率を上昇させるアクションですが、
初期効率(インナークワイエットスタック1)最大効率(インナークワイエットスタック11)が違います。

◆ビエルゴの祝福
最大効率が高く、成功率も高い。

◆ビエルゴの技巧 
最大効率は祝福よりも低いが、初期効率が高い。
成功率は低く、ステディハンドIIを使わなければ100%に出来ないことに加えて、高品質以上でないとアクション実行できない。


初期効率が高い◆ビエルゴの技巧 を、◆ビエルゴの祝福 が効率で上回るのはインナークワイエット7以上です。(インナー7で祝福220、技巧210)
そのためインナークワイエット7未満のときは◆ビエルゴの技巧、7以上のときは◆ビエルゴの祝福と使い分けすると効率的です。

◆ビエルゴの技巧 のこの特性は、元々の耐久が低くインナークワイエットが貯めづらい中間素材などを作るときに重宝します。
ただし、ビエルゴのタイミングで高品質が来るかは運次第ですが・・・。



効果


blog_729_4.jpg
状態が高品質以上の時にのみ使用可能。
耐久を消費して、品質を上げる。
追加効果:「インナークワイエット」のスタック数+1(最大11)
効率:100
成功率:70%
CP18
取得LV 全クラフターLV53

説明文を見ただけではぱっと効果がわかりにくいので、加工と比較。

blog_729_5.jpg
耐久を消費して、品質を上げる。
効率:100
成功率:70%
CP18
取得LV 全クラフターLV5


加工と集中加工の違いは、追加効果である「インナークワイエット」のスタック数+1 と 高品質以上でのみ実行できる特性 です。
この追加効果というのは、加工成功時に元々あるインナークワイエットスタック+1に加えて、さらに+1されるため、
つまり1回の耐久消費でインナークワイエットのスタックを+2することができるアクションです。

高品質以上のみとはいえ、かなり強力な効果です。

いつ使うの!


高品質が来たからといって闇雲に集中加工をしても、高難易度の製作がやりやすくなるというわけでもありません。
高品質を秘訣にあててCPを回復しつつ、ヘイスティタッチ&耐久回復アクションをしたほうが加工1回あたりのCP効率はいいです。ただしこの効率は「ヘイスティタッチが全て成功したときの場合」のもの。

この集中加工のいいところは、成功率が70%あるという部分で、ステディハンドIIを使っていれば100%にすることができます。
そのため80%にしかならないヘイスティタッチより、集中加工が使える部分は使っていくことでインナースタックを貯めるための確実性が増します。

うまく使いこなすには今までよりアドリブが必要になりますが、スキル回しの幅が出る素晴らしいアクションだと思います。


一例


さっそくビエルゴの技巧&集中加工を使ったマクロをひとつ組んでみました。

LV51~耐久40素材用マクロ(必要CP350)です。
※作業精度には注意

blog_729_6.jpgblog_729_7.jpg
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac 倹約 <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 集中加工
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac 集中加工
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac 集中加工
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac 集中加工
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac 集中加工
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/echo 次へ <se.1>

/ac マニピュレーション <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac イノベーション <wait.2>
/ac ビエルゴの技巧<wait.3>
/ac 工面算段 <wait.3>
/ac ビエルゴの技巧
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac 模範作業II
/e 終了<se.2>

解説とか


集中加工をマクロに組み込むとき、

/ac 集中加工
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>

「集中加工にwaitを入れず、次のアクションにwaitを入れる」ようにすると、

・高品質のときは自動的に集中加工を実行し、
・そうではないときは次のアクションを実行する


というマクロにすることができます。

今回のマクロはそれに加えて、高品質以上は2連続でこない特性を利用して、
5回に渡って「集中加工orヘイスティタッチ」を入れてみました。
CP猶予もちょうど加工3回分なので、これで最大3回集中加工が発動します。

ステディII間に高品質が来なかった場合は全てヘイスティタッチになってしまいますが、そんなことはめったにないのでそれなりの確率でインナー6以上になります。






ビエルゴの技巧も同じ要領で、

/ac 工面算段 <wait.3>
/ac ビエルゴの技巧
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>

・高品質が来たらビエルゴの技巧
・そうでないときはビエルゴの祝福


と発動させることができます。


加えて、ビエルゴ前の1アクションのさらに前に技巧を入れておくことで、

/ac グレートストライド <wait.2>
/ac イノベーション <wait.2>
/ac ビエルゴの技巧<wait.3>
/ac 工面算段 <wait.3>
/ac ビエルゴの技巧
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>

「ビエルゴ前に最高品質がきてしまった場合に、低品質でビエルゴを打ってしまうマクロ特有の悩み」を回避できます。

これは画期的でとっても便利・・・!ヽ(´'-'`)ノ

(今回の場合、工面算段は作業を終了させるための必須アクションになっているので、工面前のビエルゴの技巧にもwaitをいれています)

だらだらとマクロで製作する上で集中加工&ビエルゴの技巧はかなり良いアクションになっているので、ぜひお試しあれ~。


関連記事
記事気に入っていただけましたらぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

コメント

参考になります
この記事を読ませていただいて、多弁参考になりました!
また更新したら読みたいです( ^ω^ )
よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント


Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
カニララツイート
公式&アンテナリンク
ブログリンク
ブログリンクRSS
RSSリンクの表示
カウンター
宣伝スペース
記事気に入っていただけたら
ぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v

ファイナルファンタジー14・攻略ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。