最新記事10件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事気に入っていただけましたらぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

これから始めるウルヴズジェイル入門編

blog_203_1.jpg

敵を知り、己を知れ

2014/04/20追記:この記事の内容はver2.15時点でのものです。

PvPって難しかったり、敷居が高かったり、ギスギスしていたりするイメージがありますよね
実際やってみるとそれはどれも間違っていないと思います
とくに2ヶ月近く経ってしまった今はしっかりと準備をしなければ
勝つことは難しいでしょう

ルールや仕様やバランスもその原因になっていて、2.15でその点は多少は良くなりましたが
まだまだ見直さなけれいけない部分は山ほどあります
ですがしっかりと準備、理解をしておけば勝てる余地は十分に残っています


「勝たなければ楽しくない」、それがPvPだと私は考えています
厳しいことを言うようですが、勝つ意識を持たなければやらないほうがその人のためだと思います
逆に試行錯誤を繰り返し、それがうまく決まり勝てたときの面白さはPvEよりあるかもしれません

この記事ではランク差や経験差があるなか、勝つためにまず何からすればいいのか?ということをメインに書いていきます
考えて、突き詰めて、がんばって勝ちましょう!

PvPに興味があるけどしたことない、数回やったけれどわけもわからず負けてからやってない・・・という人達への
始めるきっかけになればと思います

*この記事の内容はまだランク20にも満たないへっぽこヒーラーが個人的な考察に基づき書いています
 PvPはこれが全て正しい!というわけではないので参考までにご覧ください!
 また、なにかご指摘、ご質問等あれば遠慮なくコメントをしていただければと思います!


始める前に、PvPの現状を知る

◆レギュレーション
30制限、40制限、50制限、50制限(4人固定PT用)があります。
ルールとしてはいたってシンプル、4対4で敵を全滅させたほうが勝ち。
2.1時点ではフィールドも一種類、ルールも一種類だけなので人によっては非常に飽きが早いコンテンツになってしまっています。

4人パーティ構成は、TANK1、DPS2(MeleeDPS1 + RangedDPS1)、HEALER1限定と通常の4人パーティとは少し違います。
TANK(剣ナ斧戦)MeleeDPS(槍竜格モ)RangedDPS(弓詩呪黒巴召)HEALER(幻白学)
DPSの区分けがされているため、ジョブが多いRangedDPSはシャキりづらく、MeleeDPSはシャキりやすい傾向にあるようです。
TANK、HEALERはどちらも時間帯問わずそこそこシャキりやすいです。

予めパーティを組んでCF登録することもできますが、意思疎通が取りやすく勝ちやすい変わりに経験値・戦績には差があります。経験値・戦績量はソロ>>2人PT>3人or4人PT(基本値)
パッチ2.15以降、ソロでCF登録することで勝ち負け問わず経験値・戦績が2倍ほど貰えますので、最近ではソロ登録が多くなってきています。それを狩る3、4人パーティも存在し、ソロ寄せ集めのパーティとは違い統率がとれた動きで非常に勝ちづらく、問題にもなっています。


◆ジョブ格差
主に巴術と近接(MeleeDPS)については2.15にて多少は改善されましたが、まだまだロール枠ごとの格差は大きいものがあると思います。

TANK枠はDPS以上にDPSが出せる斧術士(戦士ではない)がとても強く。
Melee枠では方向指定コンボが多いモンクよりも単純かつ強力なアクションが揃っている竜騎士が。
Ranged枠では依然として召喚士が猛威を奮っており、遠隔で物理攻撃の弓詩は多少不利です。
HEALER枠は調整によりどちらも一長一短、50制限以外では学者の自衛手段の少なさが目立ちます。

格差はありますが、2.15の調整にて使い手次第でこの格差は十分埋めることができるようになったと思います。
PvPでは強職、弱職があるのは当たり前なので、そこはジョブへの愛とやる気で埋めることができるでしょう。
これらは現状が最終調整なわけではありませんが、スクエニのアップデート頻度を考えるに頻繁な調整は期待できないかもしれませんが、2.15がそれなりの良調整だっただけにバランス調整に期待はできます。


◆ランク(PvPアクション)格差
PvP専用のアクションを覚えるためには、PvPを行ってPvP用の経験値を稼ぎ、ランクを上げなければいけません。ランク1ごとに1ポイント、3ポイントで1アクション取得なので、ランク3ごとに1アクション取得できます。

しかし浄化などの一部アクションは、これがなければ勝負にすらならないレベルで必須になってしまっており、この部分が初心者が始めづらい一番の原因になっていると思います。
以前からやっている人達の経験差以上に、ランクによるアクション差が出てしまっているのです。

ですので、現状では最初はかなりの数を負けつつ経験値を稼がなければいけないかもしれません。対戦記録などを気にする人にはこの乗り遅れはほぼ挽回することができず、厳しいものがあります。
ここはほんとひどいとしか言いようがない。
2.2にてレーティングマッチが追加されるようなので、この部分が気になる場合は残念ですが今から始めることはオススメできないです。

とくにHEALERは、初っ端から複数人に集中攻撃を受ける(HEALERを落とすことが勝利に直結する)ため、それを耐えしのぐために必須となるアクションが非常に多く、最初から始める上で最初からHEALERはオススメできません。負け続けるのもそうですが、同じパーティになった人に迷惑がかかります。
逆にTANKやRangedDPSはとりあえず浄化を取っておけば対戦ではなんとか・・・通用しうるので、HEALERでやりたい人もとりあえずそちらである程度ランクを上げ、ランク9~12くらいまで上げたときにHEALER用スキルを取得して開始したほうがいいでしょう。幸いにも2.1直後よりも経験値が稼ぎやすくなっているので、そこまではあまり時間はかからないと思います。
HEALERはPvPではとくに難しいロールなので、他の人の動きを見ることも大事なことですしね。


◆装備格差(50制限)
現状では50制限限定で、大きな装備格差があります。
PvP専用ステータスとしてモラルという数値があり、数値により与ダメ・被ダメに補正がかかります。
PvPでは防御力の計算はモラルでしか行っていないようなので(不確定情報)、とにかくこの数値が高いほうが有利なわけです。

PvP戦績を貯めることで手に入るPvP用装備(ウォーウルフ装備、ダイアウルフ装備)にモラル付装備があります。クラフターで生産できる装備にもモラル付装備もありますが、こちらはとても使い物になるものではありません。
この格差は実力だけではほぼ埋めることができないレベルの差になっており、図式としてはこんなレベルに差があります。
PvPランク30用ILV90ダイアウルフ装備>>>ILV70ウォーウルフ装備>>>超えられない壁>>>ILV90神話・アラガン装備>クラフター産ILV55ウルフ装備

かなり時間が経ってしまっている現状では最低でもウォーウルフ装備をアクセ含む一式揃えるまで50制限はやるべきではないと言えると思います。
ただ行くだけならば可能ですが、相手が全員ウォーウルフ装備、もしくはダイアウルフ装備が混じっていたりすると勝利することは困難を極めます。

ただ負けにいくだけになってしまうので、今から始める場合はレベルシンクされることでモラルの値が無くなる30制限もしくは40制限で遊びましょう。


◆ラグい
PvEではあまり感じることはなかったかもしれませんが、1秒を争うPvPではこのラグが顕著に現れます。
例えばPvEでピンチのタンクにベネディクションしたつもりが、ベネディクションのエフェクトとリキャストは出たもののタンクが死んだ・・・という思いをしたのはLV50白魔ならあるはずです。ナイトのインビンシブルを発動させたのにリキャストだけ発生し死んだ、という経験もナイトならばあるはず。それが常にあると思ったほうがいいです。

味方のピンチに迅速まで使ってケアルラをして、シャキッとファインプレイの音がなって迅速が消えたのに味方が死んでる・・・。調和(10秒耐えるアクション)を使ったと思ったらエフェクトとモーションとリキャストだけ発生して自分は転がってる。というようにHEALERで何度煮え湯を飲まされたかわかりません。
キャスターの詠唱を見てから壁に隠れたのに壁の裏でスリプル食らってるとか、ヒール行動みてから攻撃したのに詠唱完了してるとか、そういったものが多々あります。

それを加味した上で早め早めの行動と、予測をしなければいけません。
それに耐えられない場合も、現状のPvPはダメかもしれません・・・。



ロールごとの役割を知る

◆TANK
まずPvPにおけるTANKの役割はDPSです。見方を守るアクションもありますが、それを使いつつもメインとなる仕事はキャスター等の妨害及び敵の撃破になります。中級者向け。
かなり特殊な状況を除いて、攻撃力の落ちるディフェンダーや忠義の盾は使うべきではありません。
ナイトの3連スタンや、戦士のホルムギャング等、DPS以上に貢献できるアクションが揃っているため、これの使いどころが肝となります。
スタンにはPvEと同じく耐性(フル→2分の1→4分の1→レジスト)がつくため、無計画のスタンはNG。
PvPアクションにはフルスイングという強力なスキルもあるので浄化の次はこれを取得していくことになります。

◆MeleeDPS
とにかく敵を叩いて倒す単純明快なロール。最初に始めるならば竜騎士が一番とっつきやすいかもしれません。初心者向け。
TPの概念があるため、スプリントで逃げるキャスター相手に苦労することになります。気合やPvPアクションの奮起やウェポンスロー、TP回復の薬品などを活用してスプリントして追いかけることも重要。
逃げられたからといって安易なスパインや羅刹でスタン耐性をつけてしまうのはNG。倒しきれるときに使うなどの判断力が必要になります。
PvPアクションは浄化→ウェポンスロー→フェターウォードの使いどころが戦局を左右しそうです。

◆RangedDPS
睡眠やバインドといったCC(クラウドコントロール)をしつつ、DPSを出していくロールになります。やや上級者向け。
PvPでの魔法詠唱は、一度物理攻撃を食らうと中断してしまうため、いかにして物理DPSに殴られないようにしつつ相手を削っていくかが難しいところになります。
HEALERの次に狙われやすいロールでもあるので、回復薬品や各種CC、PvPアクション等で自己防衛手段も考えておかなければいけません。

召はミアズマバーストや病気、インスタントアクションが豊富で、ペットの攻撃もありのぶっちぎりのDPS最強。
黒は睡眠の使いどころや攻撃が難しく上級者向け、コラプスは物理攻撃なので相手の詠唱を止められたりもします。
弓はRangedのなかではCCに乏しいですが、唯一の物理遠隔でキャスターの妨害が可能、ただし距離減衰があるので慣れるまではなかなかDPSが出しづらい。

PvPアクションは呪のナイトウィングのような強力アクションがある一方で、巴弓のスキルはぱっとしないものが多いです。
それを逆手にとりHEALERを目指す人はとりあえず召喚士を使って、召喚士と共有できる浄化や専心といったアクションを取得していくのが近道かもしれないですね。

◆HEALER
PvPにおける実質的なTANK役であり、超重要ポジション。HEALERの死は負けを意味します。上級者向け。
DPSはいかにしてHEALERを素早く落とすか、HEALERはいかにしてそれを防ぎ耐えるか、というゲームになってます。
浄化・専心・調和といった自己防衛用PvPアクションが揃うまでは非常に厳しく、殴られ始めてから10秒ももたないこともあります。揃ったあとでもうまく使うことができなければ簡単に落ちてしまいます。1秒の判断力が必要。
物理DPSによる詠唱中断を壁に隠れたり堅実・迅速・専心等で回避して見方を守りつつも自分も守る、とにかくフィールド全体を見通す力が必要です。

白はリポーズ・アクアオーラ・ストーンといったCCが豊富で自衛手段が多く、シールリジェネで手堅い守りが可能。
学は妖精がついていますが、病気からヘヴィが消えたことにより実質的な自衛手段はブリザラくらいなので40制限ではやや不利。50制限では活性が非常に強力なので白とは一長一短。鼓舞バリアでダメージを吸収している間は詠唱中断されないので、鼓舞連打で耐えしのぐこともできるかも。



今から始めるために準備をしてみる

◆0から始めるなら40制限から
装備格差の部分に書いたように、50制限では先行者のモラル装備に勝つのは非常に難しいです。
ですので、モラルによる装備格差のない40制限がオススメです

使えるアクションは少ないですが、ジョブ間のバランスもそれなりによく、純粋なプレイヤースキルでの勝負ができます。
HEALERもベネディクションや活性といった強力なインスタント回復が使えないため、50制限より勝負が着くのがはやくなりがちで、回転がはやいのもメリットだと思います。

とりあえずウォーウルフ装備が揃うまでは、40制限(30制限でも可)に篭りましょう。
ウォーウルフ装備が揃うくらいに戦績を稼げたらそれなりにランクもあがりPvPアクションもあるでしょうし、50制限に興味があればそのときまで我慢しましょう。
それが自分のためでもあり、みんなのためでもあります。

以下からはとりあえず40制限のお話にします。


◆レベルシンクされるからといって装備には手を抜かない
40制限ではレベルシンクされるため、装備LV41以上の装備(神話アラガンやDL、AFなど)は全て同じステータスに統一され、マテリアの効果は消えてしまいます。
そのため、LV40以下のレベルシンクされない適正装備を用意し、マテリアをはめたほうが性能は高くなります。
数字として大きく現れるのはアクセサリーで、アクセサリー全てにVITマテリアをはめることでHPは200ほど上がり、生存率が大きくあがります。攻撃一発分のHPを稼ぐことはPvPでは非常に重要で、バカにできない要素です。
腰を据えてPvPに挑もう!勝ちたい!と思っているならば、適正装備を必ず揃えましょう。

一部防具は装備LV40でILVが41以上のものもあり、レベルシンクされないそれらは非常に強力です。(エーテリアル武器や防具など)
エオルゼアデータベースで検索し、LV40での最適な装備を探しましょう。武器ならばLV40グラカン武器が一般的で入手しやすいですね。
クラフター品にはマテリアをはめるのも忘れずに。LV的にマテリラまでしかはまらないので、出費もそこまでかかりません。

例えばTANKはDPSを出すべきロールなのでSTRアクセ(VITマテリアはめ)を揃えましょう。


◆がっつりやるならフィジカルボーナスが邪魔くさいにも手を加える
ほんと新生でなんで残したのこのシステムってくらい非常にうっとおしいフィジカルボーナスですが、ロールのとこに書いたようにPvPにおけるTANKはDPSであり、HEALERはTANKであるため、こちらもTANKならばSTRに、HEALERならばVIT振りを考えなければいけません。
腰を据えてPvPに挑もう!勝ちたい!と思っているならば、フィジカルボーナス調整も必要です。

40制限ではフィジカルボーナスの効果は1ステータス20までらしいので(不確定情報)、TANKDPSは攻撃ステ(STR,DEX,INT)に20、VIT10HEALERはVIT20、MND10が最適になるかと思われます。
PvEに影響がでるロールもあるので、ここの判断は難しいところですね。プレイスタイルや選択するロールで考えましょう。(PvEではナイトVIT振りでPvPでは戦士STR振りなど)
50制限を見据えているであればDPSロールは攻撃ステ極振りでもいいのでそのままでもいいかもしれません。

だいたいしっかりと適正装備、フィジカル振りができていれば40制限でHP2000越えになります。
逆にシンク装備、フィジカル調整なしのHEALERだとHP1600まで下がり、この差はケアル一回分ほど。PvPではものすごい差です。


◆妥協しても勝てない
30制限や40制限は50未満のジョブでも行くことができます。勝利することで経験値が稼げるので、レベリングに使えます・・・が。
そんな非効率的なことをするよりレベリングはレベリング、PvPはPvPでしっかりと50にしたあとに行ったほうが間違いなく勝てます。

前述したフィジカルボーナスは振り分けによっては制限下でも無駄にならず、むしろ振り分けステータスによっては基礎ステータスが+になりとても大きな効果を発揮します。
そしてありがちなのはアディショナルスキルの有無。相手とまったく同じ構成で、同じ動きができてもその少しのステータスやスキルで差がついて負けるなんてことも大いに考えられます。
その程度の意識だと、勝ちを拾いにいくのは難しいかもしれません。


◆勝つためには出し惜しむな、薬品や食事も用意すべし
TANK、MeleeDPSであればTP回復用の薬品や瞬間火力を上げるステータスブースト薬
RangedDPS、HEALERであれば敵に狙われやすいため、ポーション系やエリクサー系

詠唱を必要とせずケアル一回分回復できるメガポやエクスポ等、ポーションのタイミングがうまいHEALERはほんとうにしぶとかったりします。
ピンチでないときでも使うことで迅速や堅実を他の行動にまわす余裕ができたりしてキャスターにとっては非常に重要なものだと思います。

食事は安くてもとりあえずVITが上がるものを食べておけばいいでしょう。HP100でもあがれば、DoT一回分は耐えれる余地ができます。


◆敵を知り、己を知れ
各ジョブにどういったPvPアクションがあるのか、40制限ではどういったアクションがあるのか、最低限それは全クラスで把握しておく必要があります。
でないと、スプリントにウェポンスロー(スプリント削除ヘヴィ付与)をかぶせられるとか、凄まじいダメージを貰ったと思ったらフルスイングが付与されていたとか、わからん殺しをされたと自分の無知で自らつまらなくしているだけ。

敵の行動を知ることで、「なるほどこうやって攻めてくるか、じゃあこうやって返そう」とか「フェターウォード(CC無効化)発動が見えた、切れるまで逃げよう」とか「ヒーラーの浄化、調和を確認、次に一気に叩きこもう」とか、戦略を考えるのが楽しくなってきます。

一瞬の判断力、洞察力、それも知識がなければ成り立ちません。自分の行動以上に敵の行動に気を配り、勝利への駒にしていく。まさしくこれがPvPの醍醐味であると思います。

同様に味方の場所や状況を把握することも大事です。
狙われて壁の裏に隠れるDPSが居ますが、HEALERの近くにこなければ回復はできないのですから、狙われたらどうやって対処するかを考えながら味方HEALERの位置や状況を確認し、視線の届く位置にいかなければいけません。
HEALERは殴られ、詠唱中断しつつもそれにいかにして気づけるか、堅実・迅速等を使うべきか、などを数秒で判断して行動しなければいけません。

うーん書いてるだけで楽しい!



とても長くなりました。
それだけ敷居も高いですし、PvEとは比べ物にならないくらい難しいコンテンツだと思います。
だからこそ、決まったパターンのない行動を研究し、攻略していくのはとても楽しいです!

まだまだ私も下手ですし、いまだに開始10秒で床を舐めることもあるような(.-.) ゴミヒーラーですが
それを今度はどうやって防ごう、今の敗因はなんだろう、と考えていくのが面白く、PvEにはない要素。


長々と書きましたが、みなさんに楽しんで勝って欲しくて書きました!

この記事をみて少しでもPvPに興味をもってくれたり(はたまた読んだだけで心が折れたり)
型紙のためにダイアウルフ装備を目指してみようかな、と考えたり(はたまた必要ポイントに絶望したり)
来たるフロントラインのためにランクあげとこうかな、と思ったり(それまでにバランスで萎えたり)
そんな人達が居てくれたらな、と思いますw

また時間があればPvP関連の記事も書こうかな~と思いますv(´'-'`)v
関連記事
記事気に入っていただけましたらぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

コメント

PvPの鬼がまた一人・・・
(PvPの仕様に見限ってやめてWoWに帰ったけど)ウルヴズ相方の学者さんが鬼で、鍛えられた日々を思い返しながら読みました
他のゲームはこれに課金アイテム絡んだりするから、根性でのしあがれる可能性がある14ちゃんはまだまだ入る余地があると言えますね

ぼろくそに叩かれながら低ランクからモンクやるわん
No title
PvPちょっと興味あったけどやめとこう…
装備だけ欲しいけど迷惑かけるしな
No title
これによってウルヴズジェイルのプレイヤーが増えてくれると嬉しいですね♪
もちろん勝つためには上記のことが必要ですが、最初は当然上手くいかないので、気楽に参加してください

慣れないうちは、30レベルと40レベルに普段の装備で参加しても大丈夫です そういう人も意外といますから
参加してみて気に入ったら専用装備用意すればいいと思いますし
もああ">
Re: すいみんさん
14のPvPは良ゲーとは間違いなく言えませんよね(´'-'`)いまはまだ・・・
私の場合、色々なMMOをしたことはありますが、PvPをしっかりとやってみたのは新生がはじめてなのでまだ気持ちの面でなんとかなってる部分もあるのかなあ

仕様やルールが調整されていくと、まだまだ良ゲーになる余地は残っているので
一緒に床を舐めましょう(.-.)
もああ">
Re: 名無しさん
>>2
この記事をしっかり読んだならば、取っ掛かりの部分は実はそんなにハードルが高くないのがわかると思います
30or40制限でやること、装備を整える(制限装備ならばお金はそれほどかからない)こと、アクションをとっておくこと、くらいなものです
本当に大変なのはそれ以上に現在の仕様やルールの単調さ、ラグといった部分なので
>>3さんが言っているように、興味があるのならばとりあえず挑戦して上記の部分を体感してみて、継続するか装備を整えてみるか等を決めてみるといいかもしれません!

>>3
100%楽しめるコンテンツとはまだ言えませんが、考える余地があるPvPはやっぱり楽しいですね
人口が増えてほしいと切に願います!

DPSであれば攻撃の基本ステータスはシンク装備でも限界になるので、細かい装備差はでにくいですよね
なによりも、負けながらも場数を踏んで試行錯誤し、うまく立ち回ることで装備差もアクション差も覆すことも十分に可能ですしね
それで相手に勝てたときがやっぱり嬉しい!
No title
確かにそうですね 負けることも多いけど勝てると楽しいです♪
返信どうもです(^^)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
ウォーウルフ装備一式で50いったらダイアフルまでくるなって言われましたw
もうやめます・・・
もああ">
Re: ちろるさん
PvPのヒーラー難しい・・・たぶんこのゲームの全ての要素のなかで一番難しいと思いますw
勝率に関しては、6割以上の人が居れば、必ず4割以下の人が居ますので、そこまできにするものではないと思います!

今は参加人数が少なく、同じ時間帯に同じ人と敵味方であたることが多いですから、この人はどういうふうに動いて上手か下手かっていうのも名前で覚えちゃいますよね~。
けどそこで悲観することはなく、操作は頭でカバーしたりしてどうやって勝率を巻き返そうかと考えたり、慣れるまでは固定で参加してメンバーからアドバイスをもらいつつやったり、「自分は下手だから・・・」で終わってしまわないことがうまくなる秘訣だと思います(´'¬'`)

私は必要以上に他人の目を気にするタイプなので、「自分の失敗で負けてしまい悪い印象を与えてしまった~」と思いつつも、それを逆手にとって、じゃあ次はどうやって失敗しないようにすればいいだろう!次はそう思われないようにしよう!って考えてます。

私のフレンドや、ロドストの日記などでも、最初は勝率3割ほどだったけど徐々に巻き返して5割越えた人もいますし、負け越して何も言わずに辞めてしまう人もたくさんいると思います。
PvPが楽しめるかどうかは、やっぱり上手か下手かではなく、向上心とやる気があるか。という部分が大きいと思いますよ!
もああ">
Re: 名無しさん
PvPはPvEよりも難しく、ひとつのミスが敗因につながったり、味方の力量>相手の力量にならなければ勝てなかったりするので、初対面の人とパーティプレイをするにはある意味向いていません。
指摘のつもりでも暴言に聞こえてしまったり、失敗したときのちょっとした態度の違いというか空気がピリピリ伝わってきたりします。そして、心ない言葉をぶつけてくる人もPvEよりも多いかもしれません。

ですがそれをいちいち気にしていたら、続けていくのは難しいです。コンテンツとしてイライラ、ギスギスはしやすいので、これからもそういうことがあるかもしれませんし、度が過ぎるのであればハラスメントですのでGMコールという手もあります。
私は今ギリギリウォーウルフが揃うくらいの戦績なのでおそらく>>8さんよりプレイは少なく、偉そうなことを言えるわけではありませんが、少なくともウォーウルフで50くるなは的外れですし、あまり気にすることはないですよ!
むしろこの気持ちを開発にぶつけてみてはどうでしょうw
装備ゲーすぎっぞ吉田おら調整はよ!って。これはほんとに。

私もまだ始めたてのころ、「死ぬのはえーよゴミ」って言われたことがあります。
そのときはすいません、と言いつつも今に見てろ!と思いがんばったことで「うまい白さんだ~」と言われるまでになりました。
マイナスなことは頭に残さず、プラスだけを頭に残していくことも、PvPを続けていくのに大事だと思いますよ。
No title
ウォーウルフでもいってもよかったのか、んじゃがんばってみます。
とりあえず、勝率4割ちょいなので5割目指したいとおもいます。
もああ">
Re: >>11さん
たしかに前に比べるとダイアウルフの割合は多くなりましたが、まだまだウォーウルフでも大丈夫だと思いますよ
私もウォーヒーラーで、相手のダイアヒーラーより長く生き延びたときはモニタの前では懇親のドヤ顔ですw
そんなふうに装備差ではなく技術で勝てたときってやっぱりやっててよかった、頑張ったかいがあった~と思います!
一緒にがんばりましょ~ヽ(´'-'`)ノ
Pvp記事楽しく読ませて頂きました、ありがとうございます。
装備格差やジョブバランスなどいろいろあるウルヴズジェイルですが、一番の問題はとにかく、pveとは比べ物にならない比率で感情任せに物を言う人が多すぎることです。
他者への指摘やアドバイスは大切なことです。しかし、そのやり方に気を使わない人があまりにも多い。
PvPをつまらなくしているのは間違いなくユーザーの質もあるでしょう。
pvpゲーでは割とよくあるやり取りですが、色んなものが詰まっている14だと、なかなかpvpの風潮というか、水が合わない方も多いですね。
私もよくジェイルに篭っていて、友人を誘ったりすることもありますが、「pvpって痛い人達を隔離するための場所」とか「せっかく暴言厨集めてるのに自分から行くとか理解不能」とか、いやいやそんな人ばかりじゃないんだよ、と言いたくなる返しばかり…
でも実際、そういう人が多いから困りものです。

もっとメンタル的な面で楽で入りやすいPvPコンテンツが出来て、ガチでやりたい人はウルヴズジェイルへ、みたいな導線が今後できるといいですよね。

今後のpvp記事も楽しみにしています。
もああ">
Re: estさん
読んで頂きありがとうございます!

>>PvPをつまらなくしているのは間違いなくユーザーの質もあるでしょう。
これは本当にそう思います。
14ではどちらかというと相手に対してより、味方に対して暴言が吐かれることが多い印象です。
FPSなどの対人ゲームでもよく見られますが、人間を相手にしてチーム戦をするゲームは仕方ないのかもしれませんね。
こればっかりは個人だけではどうにもならない、あとはプレイヤーのモラルの問題なので難しいですね・・・。

ですのでなるべく、「暴言を吐かれないようにするためにはどうしたらいいか?」というある種防衛策としてこの記事のことは最低限知っておいてほしいのです。

私はどちらかというとPvPに関してはライトなほう(週50戦するかしないか)なので、PvPでためになる記事も思いつかず、かつ偉そうなことは言えず、なかなか記事が書けずにいます。
1ブログが言ったところで全体の影響力はほとんどないでしょうが、せっかく用意された大きなコンテンツなので、なんとかみんなが気持ちよくプレイできる環境づくりをしていきたいですね。
No title
>>「暴言を吐かれないようにするためにはどうしたらいいか?」というある種防衛策としてこの記事のことは最低限知っておいてほしいのです。

これは本当に素晴らしい試みだと思います。
人の感情は連鎖するもので、誰かの暴言によって心が荒んでしまえば、今度は自分が別の誰かに暴言を振るってしまうこともあるでしょう。
その負の連鎖がプレイヤー全体のモラルを低下させることにほかなりません。

今回の記事のような防衛策、それを皆が採ることによって暴言の数が減り、少しでもよいコンテンツになってくれたら私としても嬉しいことです。

今回の記事はFFXIVアンテナさんにリンクされてた誰かの記事に、こちらの記事へのリンクが貼ってあって幸運にも読む機会を得たのですが、もっともっとたくさんの人にこういう記事を読んでもらいたいものですね。
もああ">
Re: estさん
今のPvPを楽しむにはプレイヤーのモラルがとても大事ですが、問題が起き難くなる体制も必要だと思ってます。
現状を良く理解するのがその一歩かな~と考えてます。

ですがそもそも・・・ユーザーがこういったことで悩まないように
装備差だとかアクション差だとか実力差だとかそういった部分がシステム側でなくなるようにすべきなんですよねw
デリケートなコンテンツなんですから、パッチはもっと素早く行うべきだな~とは思います。
時すでに遅い感じもしますが・・・2.2で導入予定のレーティング制がどうなるかも不安ですし、それで人が戻ってくるか、人が居つくか、と言われると微妙なところ。

PvP人口は少なく、ロドストやブログでも初心者用の記事が見受けられなかったので、そういった導入部分の情報の少なさで尻込みしてる人はけっこういると思うんですよね。
ですのでそういったひとたちむけの記事をこれからも書いていきたいですね!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
カニララツイート
公式&アンテナリンク
ブログリンク
ブログリンクRSS
RSSリンクの表示
カウンター
宣伝スペース
記事気に入っていただけたら
ぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v

ファイナルファンタジー14・攻略ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。