最新記事10件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事気に入っていただけましたらぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

【学者】フェアリーの動かし方

blog_105_1.jpg

学者の本体



HPが減ったら自動的に回復してくれる可愛いフェアリーちゃん

30前のIDに学者でいくと、ボス戦ですらフェアリーの回復だけでまかなえてしまい
これ人いらないんじゃね?って思わせてくれます

学者なりたての中盤では、フリーファイトのままでもなんとかなってしまうものですが
後半、とくに蛮神戦以降ではフェアリーは手動でアクションを使わせたほうが有用な場合が多くなります
学者の本体はフェアリーなんです、そのフェアリーを操作しないでどうするんですか!

そんな学者の基本にして本分であるフェアリーの操作について
以外と知られていなかったり、実際に動かしてみないとわからないことがとても多かったので
動かし方やプレイングについてです

学者ってなにしてんの?
っていう他職の方もどうぞ!

*こちらは2.0での情報です
若干のフェアリーの挙動変更などがあったので、まとまり次第書きなおします


フェアリーの種類

blog_105_2.jpg

フェアリー・エオス
ヒーラータイプのフェアリー
スキルは範囲HoT・魔防アップ・回復量アップと、学者の苦手な範囲回復を補ってくれます

光の癒し Recast 3s
対象のHPを回復する。
回復力:300


光の囁き Recast 60s
自身と周囲のパーティメンバーのHPを継続回復する。
回復力:100 効果時間:21秒


効果が高い範囲HoT
手動で使うことで白のメディカラのような使い方ができ、メディカラと違い本人がヘイトを稼ぎすぎることもありません

フェイコヴナント Recast 120s
一定時間、自身の周囲のパーティメンバーの魔法防御力を20%上昇させる。
効果時間:20秒


学者はアディショナルで使えるプロテスでは魔法防御があがらないので、それを補うアクション
これがあることも、8人パーティでヒーラーが白学が一番いい理由でもあります

フェイイルミネーション Recast 120s
一定時間、自身と周囲のパーティメンバーの回復魔法の回復量を20%上昇させる。
効果時間:20秒


囁きや士気の前に使うことで本領を発揮します
士気のバリアの量も増えるのは大きい



blog_105_3.jpg

フェアリー・セレネ
バッファータイプのフェアリー
スキルは静寂・スキルスピードアップ・スペルスピードアップと、テクニカルで癖のある強化アクションで全体の安定感を上げます

光の癒し Recast 3s
対象のHPを回復する。
回復力:300


エオスと違いはありませんがアイコンは違います
ホットバーに登録する際は注意

光の沈黙 Recast 40s
対象に沈黙を付与する。
効果時間:1秒


敵の詠唱を止めるアクション
手動で使うことでナイトや詩人のように敵の魔法アクションを止められます

フェイグロウ Recast 60s
一定時間、自身と周囲のパーティメンバーのスペルスピードを30%上昇させる。
効果時間:30秒
フェイライトとは同時に使えない。


フェイライト Recast 60s
一定時間、自身と周囲のパーティメンバーのスキルスピードを30%上昇させる。
効果時間:30秒
フェイグロウとは同時に使えない。


リキャスト60秒・効果時間30秒の2つのスキルなので
交互に使うことで常時どちらかのバフを付与し続けることができます
グロウは自身にも効果がありますし、黒召がいるときもいいでしょう
ライトは盾のスキルまわしが早くなるのも大きいです、モンクは疾風迅雷と合わせると脳汁がでるとか



ペットコマンド・基本

帰還
ペットを帰還させる。


フェアリーを意図的に帰還させる場面はないのでいりません

追従
ペットを自身に追従させる。


召喚したてはこの状態です
ID道中や、フィールドが狭いときにはこれ

移動
ペットを指定地点まで移動させる。


フィールドが広く、ボスモンスターから学者自身は離れるがフェアリーにはタンクの回復をしてほしいときなどに使います

待機
ペットをその場で待機させる。


やってることは移動と変わらないため、わざわざホットバーにセットするまでもないアクション



ペットコマンド・フェアリー

インターセプト
ペットに、自分が攻撃を行うか、自分またはペットが攻撃を受けるまで戦闘しないように命令する。


召喚したてはこの状態です

エオス
全アクションをリキャストごとに使います
リキャストの関係上、フェイイルミネーション>囁きと使ってくれるため放置でもそれなりにいい動きになります

セレネ
フェイライト以外の全アクションをリキャストごとに使います
光の沈黙はターゲット指定していないので使いません
フェイグロウはリキャスト毎にうちますが、フェイライトを手動で発動してもリキャストがくると上書きしてしまいます
セレネを使うならインターセプトは×
ですがパーティ後方のキャスター支援だけする場合はいがいとインターセプトでよかったりします


ピース
ペットに、自分が指示を出すまで戦闘しないように命令する。


アクションを自動的に使わせないようにしますが、ピース状態で何らかのフェアリーアクションを手動で実行するとピースが解除されます
また、フェアリーがアクションを実行中にピースを指定してしまうとアクションがキャンセルされ、リキャストだけ消費される場合があるので注意!

エオス
光の癒しのみ使います

セレネ
光の癒しのみ使います


フリーファイト
ペットに攻撃させる。


ターゲットを指定して使うタイプのコマンドなので、対象となるmobがいないと選択できません
指定後、フェアリーはその場で自動的に待機状態になります、注意!(指定後追従推奨)
指定後、フェアリーを入れ替えるまで、指定mobがいなくなっても、いかなる行動(追従・移動等)をしても、この状態は保存されます

エオス
全てのアクションを使います

セレネ
全てのアクションを使います
指定したターゲットが魔法アクションを使うとき、光の沈黙も使いますが、精度はよくありません


セミオーダー
ペットに攻撃させる。ただし、一部のアクションは命令を受けるまで実行しない。


ターゲットを指定して使うタイプのコマンドなので、対象となるmobがいないと選択できません
指定後、フェアリーはその場で自動的に待機状態になります、注意!(指定後追従推奨)
指定後、フェアリーを入れ替えるまで、指定mobがいなくなっても、いかなる行動(追従・移動等)をしても、この状態は保存されます

ピースとは違いフェアリーアクションを手動で実行しても解除されません
このことから、セレネ使用時は仕様上セミオーダー必須になります

エオス
光の癒し・光の囁きのみ自動で使います

セレネ
光の癒しのみ使います



フェアリーの動かし方

エオス
基本的にインターセプト指示で全自動運用するか
ピース指示、範囲攻撃に合わせてインターセプトorアクション指示で3スキルを発動させる方法があります

タイタン戦を例にあげると
基本はピース指示
→激震のタイミングでフェイイルミネーション手動発動
→フェアリーアクション手動発動でフェアリーがインターセプトになります
→残りのフェイコヴナント・光の囁きをフェアリーが自動で使います

という動かし方ができます
セミオーダーにし、囁きは自動で使わせつつイルミネーション・コヴナントは要所で、という使い方もオススメです


セレネ
運用するならばセミオーダー必須

30秒ごとにバフを切り替えて使います
といっても正直なところ、グロウ・ライト共にスピード30%上昇と効果が高いものでもないので、ほぼ自己満足という現実
これは全体のスキル・スペルスピードがあがってくる頃には有用になることでしょう

ほぼ知られてはいませんが沈黙を使ってバハムート2層の高圧電流を学者で止めることもできます
・・・が、リキャスト40秒なのと、フェアリーがなんらかの動作中は発動が遅れてしまうのであってないようなものです


手動癒し
妖精の、そして学者の真価を発揮させるプレイング

ピースは手動アクションで解除されてしまうため
インターセプトまたはセミオーダー状態の妖精で光の癒しをターゲット指定して発動させる手法

フェアリーは、パーティメンバーのHPが8割程度にならないと自動で回復してくれません
減ったあとでもすぐ光の癒しをしてくれるのではなく、若干のタイムラグがあります

例えとして手動癒しが有用な場面を挙げると
大迷宮バハムートでの一部の敵(1層蛇や4層ドレッドノート)はタンクのHPが減ってから詠唱開始したのでは遅いことが多いです
なのでヒーラーはHPが減るのを予測して回復を詠唱するわけですが、その際フェアリーは「タンクのHP減った判断」がされる前にタンクのHPが回復するために、光の癒しを詠唱しようとせず、ぼーっとしていることがよくあります
そんなときに便利なのが手動癒しなわけです

方法はホットバーに登録された光の癒しを手動で押すだけ
フィジクなどと同じく指定されたターゲットにフェアリーが癒しをしてくれます
フェアリーの回復ヘイトは微々たるものなので、オーバーヒールを気にせず癒し連打すると学者自身のMP消費がぐっと少なくなります

フェアリーのリキャストはプレイヤーのGCDとは独立しているため
フィジクを唱えつつ癒しを連打することで、自動状態よりは遥かに高い回復効果が期待できます

ぜひやってみてください!

関連記事
記事気に入っていただけましたらぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

コメント

はじめまして(・ω・)ノ
以前から拝見していたのですが、初コメです。
昨晩は大騒ぎでしたね。

フェアリーの動かし方まとめ、非常に参考になりました!
学者の本分はヒーラーであり、PT戦闘を円滑に行うための縁の下の力持ち的な存在だと思っているのですが、DoT入れつつ回復も行いながらフェアリー操作をしようとすると何がなんだかわからない日々を過ごしています。

本文でも触れられていますが、フェアリーのGCDは学者本体と独立しているという点。
操作量こそ増えるものの、学者最大のメリットですよね。
それを活かすためにXHBの配置を見直しているのですが、もしよろしければ普段使っておられる学者のXHB配置を見せていただけませんか?

同じくパッド勢なのですが、パレットの切り替えが未だにうまく出来なくて苦労しています。
Ver2.1で切り替え手段が増えるようですが、果たして使いこなせるかどうか(´・ω・`)
あ…
コメント投稿後、前日の記事にXHBの配置紹介を見つけました(つД・)お恥ずかしい。

やはり回復関係はひとまとめに(更に同じパレットにフェアリーの囁きなど)、DoT関係もひとまとめに…役割ごとにパレット切り替えるのが混乱しにくくて良さそうですね。

あれこれ考えてみます、失礼しました!
もああ">
Re: かにかまさん
わーい、コメントありがと~!(*´'-'`*)

本人が忙しく動かしてるわりには、白のようにはっきりとパーティに貢献しているのかわかりづらい学者・・・
ほんと縁の下の力持ちなのはその通りだと思いますw

けれど手動でフェアリーアクションを使いこなせるようになると
パーティのHPやMPの負担が軽減できているのが、目に見えてわかってきます
それがまた楽しい・・・!

XHBについてはまだまだ試行錯誤中なのでちょこちょこ配置を変えたりして使ってますが、やっぱり
攻撃なら攻撃(学者はクルセードスタンスを使えるので)
回復なら回復(回復が大変なときは攻撃はしないので)
で分けてしまうのが一番いいと思います!

2.1がきたらペットコマンドをマクロで使えるようになるらしいので
フィジク+癒しをひとつにした手動癒しマクロを組んだり、EXホットバーのようにフェアリーサモンマクロに各フェアリーのアクションが自動で入れ替わるマクロを組んだり・・・色々便利になりそうで妄想が膨らみますw

学者メインになりつつあって、これからも学者の記事はがんばっていきたいと思ってますので
またコメントいただけると嬉しいですv(´'-'`)v
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
カニララツイート
公式&アンテナリンク
ブログリンク
ブログリンクRSS
RSSリンクの表示
カウンター
宣伝スペース
記事気に入っていただけたら
ぽちぽちおねがいしますv(´'-'`)v

ファイナルファンタジー14・攻略ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。